2017年3月17日

勉強垢でフォローせよ!名言や豆知識満載の受験に役立つTwitter8選


最近は Twitter で「勉強垢」を作る人が増えてきました。以前SNSを使うべきか使わないべきかについての記事を書きましたが、「やっぱり Twitter があった方がモチベーションが保てる!」という方はいらっしゃるでしょう。今回は、そんな方のために、受験勉強に役立つ Twitter アカウント(bot)を厳選して8個だけ紹介します!

スポンサーリンク

数学や物理など、解くのに時間がかかるものはフォローしない!

確かに Twitter には数学の問題や物理の問題をツイートするアカウント(bot)もありますが、これらはフォローしないべきだと筆者は思います。なぜなら「解くのにかかる時間を考えると、わざわざ Twitter から問題をゲットする必要がないから」です。

数学や物理などは解放を知っていることも大切ですが、これらは国語などとは違い「実際解ききれること・答えを合わせること」が求められる科目です。それに案外解法を知っていても計算ミスなんかはしてしまうものです。

だからこそ数学や物理はしっかり時間を取って、Twitter とは別に勉強することをオススメします。

暗記物のアカウントをフォローせよ!

一方古文単語や英熟語など、受験生が暗記に苦しむものを紹介している Twitter アカウント(bot)は是非フォローしておくべきでしょう。なぜなら暗記物は、「知っていて1点プラス、理解していて3点プラス」という一面があるからです。

例えば英熟語なんかは、意味を理解していなくても「なんかこれ見たことあるな〜」と勘づくことができるだけで受験では1点に結びつくんです。「見たことある」、これがポイントです。

だからこそ暗記物の Twitter アカウントは勉強垢で積極的にフォローしましょう。タイムラインにあるだけでも目につく機会が増えるからです。

どうせ Twitter で勉強垢をやるなら、モチベーション上げのついでに知識も増やせたほうがいいですよね。そこで今回は、暗記物のツイートをしていて、投稿頻度もちょうどいいアカウントを8個厳選してみました。

筆者オススメのTwitterアカウント 8選

大学受験古文単語bot (@kobuntan_bot)

このアカウント(bot)はだいたい30分おきに古文単語をツイートしてくれています。ポイントは関連語まで掲載してくれていることに加えて、受験に必要な古文単語をピンポイントで掲載してくれていることです。

必要最小限の古文単語を30分間隔でツイートするということは、当然短いペースで同じ単語を何度も見かけることになります。これが記憶にはちょうどいいんです。

またあえて古文向けの単語帳を新しく買うのがめんどう、という人にもこのアカウントはオススメですよ。勉強垢にピッタリのアカウントです。

【英熟語Bot】 (@Tage10J)

このアカウント(bot)もだいたい30分おきに英熟語をツイートしています。

このアカウントは何より「シンプル」なところがいいところで、「【熟語】意味」の形で簡素にまとめられているため、タイムラインを圧迫しません。レベル的にもそう難しすぎない熟語が並んでいますから、ぜひフォローしてみてください。

英会話が苦手な人のメモ (@english_note)

これは筆者が今でもフォローしているアカウント(bot)です。投稿頻度は1時間おきで、何より自然な英文がたくさん紹介されているのがポイント。

覚えておくとオトクなこと、「これってこう表現するんだ!」なんてこと、クスっと笑ってしまう英文など、とにかくバラエティに富んでいて実用にも役立つツイートが並んでいます。これは文系・理系、勉強垢・非勉強垢問わず必ずフォローしておくべきアカウントです。

化学知識ボット (@kagakutisiki)

これは理系向けのアカウント(bot)で、投稿頻度は1時間おきとなっています。

化学は同じ理科でも物理などとは違って暗記項目が多めですし、無機化学は特に「知っていれば解ける」ことが多いです。

しかしそれらにはしばらく触れていないと忘れやすい暗記事項が多い(無機化学などは高校化学の範囲では理屈を説明できないことが多いため)ため、このアカウントをフォローして知識に触れる機会を増やすことはメリットしかありません。要フォロー。

ちなみに教科の「生物」に関しては筆者的に微妙なアカウントしか見つけられませんでした。筆者は受験に生物を使わなかったので、あまり詳しくないのです…。ごめんなさいm(_ _)m

世界史bot(古代〜近代) (@World_h_bot) 〃(近現代史) (@World_mch_bot)

この2つの世界史botのうち、古代〜近代史は2時間おきに近現代史は3時間おきにツイートをしています。2つ合わせてフォローしておくとちょうどいい間隔でツイートが流れてきます。

このアカウントのいいところは、何より「ラフな日本語」で世界史が語られていることでしょう。多少厳密さに欠く部分がありますが、世界史初学者の方がイメージを掴むにはちょうどいいbotだと言えそうです。

日本史たん (@nihonshitan)

このアカウントのツイートの頻度は2時間で、これもまたラフな文体で日本史について語ってくれています。

日本史について語ると同時に時々日本史の勉強法についてのアドバイスもツイートされているので、日本史を受験に使う方には一見の価値あり、ですよ。

ドラえもん名言bot (@dora_meigen)

このアカウント(bot)は名前を見て分かる通り受験生にターゲットを絞ったものではありません。ツイート頻度は1時間おきとなっています。

筆者はこのbotを今でもフォローしているのですが、何よりシンプルでやわらかい言葉だからこそ胸に響いてきます。

のび太という決して「できる子」とはいえない少年にドラえもんがかける言葉には、筆者も受験生時代幾度となく助けられました。何度「今できなくてもこれから頑張ればいいんだ」と奮い立たせられたことでしょうか。要チェック!

勉強やる気 bot (@wedsfgvxkmho)

このアカウント(bot)のツイート間隔は1時間で、なんともストレートな言葉で傷をえぐってくるアカウント、というのが筆者の印象です。

たしかにドラえもんの名言を読んでほんわかするのもいいのですが、それだけではだめなのが「受験」。ビシっとした気分になる瞬間も必要なんです。

そんなときにはこの勉強やる気botが役立ってくれます。これも勉強垢でフォローしておくといいでしょう。

目に入る機会を増やすこと、それが暗記への近道

どうせ勉強垢を作るのであれば、Twitterを開くたびについでに知識も増やせたら、これに越したことはないです。

暗記の基礎は「見る機会を増やすこと」にあります。とにかく何度も触れる機会を作るんです。そのためにも是非今回紹介した8つのアカウントをフォローしてみてくださいね!


スポンサーリンク