2017年3月25日

キミの英語力を「全然ダメ!」からトントン拍子で高めるYoutubeまとめ


「英語」は人によってつまづくポイントに差が出やすい教科です。「文法はヨユー、話すのはムリ!」と悩む方もいますし、逆に「聞く・話すはOK、でもテストの文法は最悪!」という方もいます。そこでオススメなのが Youtube を使った英語学習。学校の授業にプラスして使っておきたい Youtube チャンネルを5つ紹介します。

スポンサーリンク

ステップ①: 中高の英語から軽く復習

聞くにも話すにも書くにも読むにも、まず英語力のキソは「文法」です。確かに語彙さえあれば大体聞いたりはできるものですし、例文ごと覚えておけばある程度書く・話すも可能でしょう。

ただ「文法」を抜きにしては、例文の切り貼りの域を出てることができません。ちょっと難しい評論文だったり、小説(東大入試でも出題される!)を読もうと思うと、どうしても文法知識なしにはしっくりこないところが出てくるんです。

もちろん文法ばっかり勉強しても意味はありません。文法をやりつつ、それ以外もやりつつというバランスが大切なんです。ですのでまずはじめにオススメするのは、前回の記事(勉強にオススメなYoutubeチャンネル 理科・数学編)でもご紹介した「Try IT」。

別に筆者は「Try IT」の回し者でもなんでもないのですが、これは本当にオススメ。何より「Try IT」は一つ一つの動画も短く、何より必要最低限の文法が明瞭に説明されているのがGood。文法はやりすぎる必要がないと言いましたが、ちょうど「Try IT」なら文法の動画をざーっと一回見てみるくらいで十分なんです。それだけ。たったそれだけです。

ステップ②: 日本語も使いつつ使える表現を学ぶ

ある程度文法を(本当に「言われたらそんなのもあったな」程度で十分です。なんたら進行形とか、名称を覚えている必要はありません)勉強したら、次のステップはその文法知識を使える知識に変えること。そこでオススメなYoutubeチャンネルを2つご紹介します。

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

バイリンガール英会話」はチャンネル登録数も多いので、もしかしたらあなたも知っているチャンネルかもしれません。筆者も定期的に見ています。

筆者が「バイリンガール英会話」をおすすめするのは、日本人が運営しているチャンネルだからです。確かに「ネイティブじゃないと発音がフガフガ!ゴニョゴニョ!…」みたいな批判もあるのかもしれませんが、はじめからこの後紹介するCNNなんかにチャレンジすると心が絶対に折れます。

それにネイティブがやっているチャンネルだと、知っていること(単語、文法、イディオム、…)と知らないことのバランスがうまく取れないのも事実。

だからこそはじめは「ネイティブ」へのこだわりを捨てて、日本語を交えたYoutubeチャンネルで知識を増やすことが大切なんです。それに関しては「バイリンガール英会話」がとても有効な手段となります。

それに「バイリンガール英会話」として動画を投稿している ちかさん は海外生活が長く、半分ネイティブみたいなものなので、発音等に関してもそう変なものではないです。筆者の30倍は流暢!

名作映画、文学、音楽、演説等で学ぶ独学英語・英会話

名作映画、文学、音楽、演説等で学ぶ独学英語・英会話」は電車やバスで立っているときなど、どうしても参考書等が開けないときにオススメのチャンネルです。イヤホンさえあれば英語の勉強ができます。

名作映画、文学、音楽、演説等で学ぶ独学英語・英会話」では英語と日本語が交互に流れるのが特徴です。題材は最近話題のドナルド・トランプさんの演説であったり、上の画像にもありますがキング牧師の演説であったりと、著名人のお話がメイン。英語を聞く練習になるだけでなく、英語の背景知識もつくのがこのチャンネルの特徴です。

何より英語も日本語も短文に区切られ、交互に流れていくので、紙も何もいりません。ただイヤホンさえあれば聞き流すことができます。もちろん通勤通学に限らず部屋の掃除をしながらでもいいですし、家事を手伝いながらでもいいです。枕元にiPhoneなどをおいて、このチャンネルの動画を再生しながら寝るのもいいでしょう。

偉人や有名な映画の引用だということもあり、「名作映画、文学、音楽、演説等で学ぶ独学英語・英会話」は使える表現・刺さる表現・自然な表現のオンパレードとなっています。ぜひ試してみてください。

ステップ③: 英語オンリーでとにかく英語に触れ続ける

ある程度英語に習熟してきたら、もうそこからは英語に触れ続けるだけで十分です。英語はグッと伸びることがなくても、少しずつ伸び続けていきます。そして続けている限り伸びは止まりません。言い換えれば「のびしろ」は無限大!

ただ英語に慣れてきてからは、英語だけを使って英語を勉強した方が格段と理解が深まりますし、語彙が爆発的に増えていきます。英英辞書は絶対に使うべき、なんていう記事でもこのことには触れました。

そこでオススメなのが次の2つの  Youtube チャンネルです。

CNN

言わずとも「CNN」の存在は知っている方が多いでしょう。筆者は Podcast をよく利用していました (CNN 10というやつです)。オススメの英語 Podcast のまとめも要チェック!ですよ。

なにより米国人向けのニュースなので発話スピードも早く、ここまで紹介してきたYoutubeチャンネルと違って「CNN」はオール英語です。どのページを開いても英語。ニュースも日本のことではなく英語。とにかく英語漬けになることができます。

ただ「CNN」を使うレベルまで英語力を上げられたあなたなら、ここからはトントン拍子で進んでいきます。とにかく語彙の増加が早まります。

ただ英語に関する知識について考えた時、「CNN」を使っていて「知っていること:知らないこと=5:5」くらいかなあ、と感じるのであればちょっと使用は早いかも。そういう人にはESL(English as a second language: 第二言語としての英語)向けの学習がオススメです。これは後日記事にしようと思います。

TED

これも言わずもがな、な「TED」。最新のスゴいことが知れると同時に、英語に関する知識も増えていきます。

何より「TED」は、発表者がネイティブばかりでないのもポイントです。いろんななまりもありますし、「なんか聞きにくい発声法だなこの人…」なんて人も時々います。

ただプレゼン形式なのでスライドがついていることもあり、内容の理解はざっくりできると思います。ここもポイント。内容が理解できているからこそ、「TED」を利用していて「知っていること:知らないこと=5:5」くらいの人でも着実に英語力を上昇させていけるんです。

そう考えると、「TED」からはじめて「CNN」にチャレンジするのがいいかもしれませんね。

キソがあれば英語の独学は余裕(ただスピーキングは別)!

このようにYoutubeを使えば、「文法→日本語+英語での学習→英語オンリーの学習」というステップアップ式の独学をすすめていくことができます。

ただ何にしても大事なのはキソ。文法がおろそか過ぎる(そんなの全く知らない!というレベル)だとどこかで英語学習が行き詰まってしまいます。英語学習をすすめていった時、どこかで「なんか伸びてねえような…」と感じたなら、ぜひ文法に立ち返ってみてくださいね。

また Youtube だけでなく、 Podcast もオススメです。筆者が厳選した 英語の勉強に使える最強Podcast もチェックしておきましょう!!

あなたの英語力がぐんぐん伸びていくことを祈っています! 🙂


スポンサーリンク


One thought on “キミの英語力を「全然ダメ!」からトントン拍子で高めるYoutubeまとめ

Comments are closed.